スピアガン・ダイブウェイズ銃の改造

ガンラインのページ シャフトのページ

スリングゴム
ウイッシュボン,取扱い 使用後はウイッシュボンも外し、ゴムの中空に入った海水を洗い流してメンテナンスします。
スリングゴムの取扱い 本体にスリングゴムをセットしたまま保管しておくと、赤の部分にストレスがかかりひび割れしてきます。本体から外しシリコンスプレー、タルカムパウダー等でメンテナンスし、ジプロックにいれ密閉し、冷暗所で保管しましょう。

巻き結びのやり方・クリックすると大きな写真が出ます

ウイッシュボンをゴムにセットするには、適度な太さの紐を使い(ここではケブラート15号)巻き結びで強く締め、裏側で複一重結びにして完了。

パイプ
水中銃・改造例

命中率を上げるため、シャフトとパイプの隙間にシャフトガイドをつけるといいです。
取り付けは、裏面に強力な両面テープが付いていますので、とても簡単。
カッター等でお好みの長さに切って取り付けられます。

120cm ・・・ ¥3,500 
 
ガンラインのページ シャフトのページ

改造に関することでご質問等ございましたら、お問い合わせ下さい

お問い合わせE-mail : info@expert-diving.co.jp

アップグレードした状態での販売も致しております。

水中銃・スピアパーツ各種 埼玉県のダイビングスクール・エキスパート

Copyright(C)2005-2012 expert All rights reserved.