安全潜水・シグナルフラッグ

安全なダイビングの必需品
ダイバーにとって、もっとも怖い漂流事故。国内、海外の海で、尊い人命が失われている事を、あなたはご存じですか?

誰にでも起こる可能性のある漂流事故。自分だけは大丈夫ということはありません!万が一に備えて、安全なダイビングを。



お問い合わせE-mail :info@expert-diving.co.jp

こんな利点が
  • フロート等は300m離れると見つけづらくなりますが、シグナルフラッグなら1km先からでも見つける事ができます。
  • 複雑な操作が無いので初心者でも簡単に扱えます。また力のない女性でも楽に組み立てることができます。
  • 従来のフロートのデメリットである、空気を入れにくい、風が強いとすぐ倒れてしまう等を解決
  • 空気で膨らませる必要がないのでエアー切れを気にする必要がなくなります。
  • 組立、収納が簡単なので、お気軽に何度でも繰り返しお使いいただけます。
組み立て簡単・セーフティダイビング
使い方は楽々簡単
step1 ケースからシグナルフラッグを取り出します。
柄の部分に巻き付けてある旗布の部分をほどきます。

step2 折り畳まれていいるフラッグの柄の先端部分を引き旗の柄を伸ばします。

step3 柄の上部4本(旗布の取り付けられている部分)の関節部をはめ込みます。
(残りの部分はほぼ自動的に組み立てられます。)

step4 BCに取り付けたケースに、柄の下端を入れますと長時間フラッグを波が高くても視認しやすい
支えやすくなります。

シグナルフラッグ

ケースサイズ:10cm×20cm
組立時の全長:164cm
旗の部分:84cm×60cm
重さ504g

※実物のロゴ、色などが写真と若干異なる場合がございます。

※普段は折り畳まれてケースに収納されています。

※ケースにフックが付いているので、BCのDリングに取り付け可能、スキンダイバーはウエイトベルトに直接装着できます。

¥14,000
  • 海が荒れますと、船の上からは近くにいるダイバーも見つけにくくなります。そんなときは流される前にお使いください。
  • 風上に船が位置しフラッグが広がりづらいときは、旗が見分けやすいように左右に振りますと発見されやすくなります。
  • 使用後真水で洗い保存しますと長持ちします。
  • 安全のため海に出る前に組み立てて確認することをお勧めいたします。

お問い合わせE-mail :info@expert-diving.co.jp

水中銃・スピアパーツ各種       埼玉県坂戸市・ダイビングスクールエキスパート
Copyright(C)2005-2012 expert All rights reserved.