NAUI・各種コースのご案内
オープンウォーターダイバーは、いわばダイビングの初心者。新たな知識とスキルを学び、自立したダイバーを目指します。といっても、難しいことはありません。日帰りツアー等に参加し、楽しみながら各スペシャリティを取得しましょう。ダイビングという遊びの幅がさらに広がります。

NAUI・アドヴァンスドスクーバダイバーコース
NAUI・アドヴァンスドスクーバダイバー認定証

海を楽しめるダイバーとなるためのコースです。ナビゲーション、ディープ、ボートダイビングのスキルなどを身につけ、様々な環境、手段でのダイビングを経験します。このコースに参加すれば、さらにダイビングの楽しみが増えるはずです。最近は海外リゾートなどで、アドバンス以上でないと潜れない場所なども増えています。スクーバダイバーコース修了後すぐに参加したいコースです。

¥16,000

参加条件
・年齢15歳以上(ジュニアダイバーは10歳以上からご参加いただけます)
・ダイバー資格 NAUIスクーバダイバーもしくは他団体の同等資格
実施概要
・クラスルームセッション
・海洋実習4ダイブ以上



NAUI・スペシャリティーダイバー
上級ダイバーへの第一歩・NAUIスペシャリティーダイバー
スペシャルティダイバーとして必要な「知識」と「経験」を身につけた方をスペシャルティダイバーとして認定いたします。アドバンスコースで学んだことをさらに掘り下げて、スキルアップしましょう。
参加条件
【ナイトダイビング、ナビゲーション、ボートダイビング、水中環境、水中写真 スペシャルティ】
・年齢15歳以上(ジュニアダイバーは10歳以上からご参加いただけます)
・ダイバー資格 NAUIスクーバダイバー、もしくは他団体の同等資格

【サーチ&リカバリー、ナイトロックス スペシャルティ】
・年齢15歳以上(ジュニアダイバーは参加できません)
・ダイバー資格 NAUIスクーバダイバー、もしくは他団体の同等資格

【ディープダイビング スペシャルティ】
・年齢18歳以上(ジュニアダイバーは参加できません)
・ダイバー資格 NAUIアドバンススクーバダイバー、もしくは他団体の同等資格
実施概要
・クラスルームセッション
・各スペシャルティ共、海洋実習2ダイブ以上。(キャバン、ケイブ、アイスダイビングスペシャルティを除く)
レスキュースペシャルティ レスキュースペシャルティ
コアスペシャルティ ディープダイビング
ボートダイビング
ナイトダイビング
ナビゲーション
サーチ&リカバリー
セレクテッドスペシャルティ ドライスーツ
水中環境
水中写真
ナイトロックス
スキンダイビング



NAUI・マスタースクーバダイバー
NAUI・マスタースクーバダイバー認定証

アドバンススクーバダイバーやスペシャルティダイバーコースで培ったスキルの応用編となるコース。レクリエーショナルダイバーに必要な最上級レベルの知識と技術をマスターし、リーダーシップコースへの足がかりとなるランクです。初めて潜るポイントでも、計画を立ててダイビングが楽しめるようになります。

参加条件
・年齢15歳以上(ジュニアダイバーは参加できません)
・ダイバー資格
NAUIアドバンススクーバダイバー、NAUI L.S.F.A.の有効資格、NAUIレスキュースペシャルティダイバー、コアスペシャルティ(3種類以上)の資格認定、もしくは他団体の同等資格
実施概要
・クラスルームセッション。
・海洋実習8ダイブ以上。
※ただし、参加条件を満たしてから30本以上のログ記録があり、担当インストラクターが参加者のダイビング能力を把握している場合は、筆記試験に合格することで資格認定を受けることができます 。



NAUI・ダイブマスター
NAUII・ダイブマスター認定証

このコースでは、ダイブマスターとして、ダイバーたちをまとめ、ダイビング活動の手助けができるようになるための知識やスキルを身につけます。水中での技術を身につける水中セッション、ダイブマスターに必要な知識を学ぶクラスルーム(CR)セッションで構成。コース修了後には頼れるNAUIダイブマスターとして、ダイバーたちを海の世界へ案内できるようになります。
またアドバンススクーバダイバーコースの一部のテーマを担当したり、ワークショップに参加することで、L.S.F.A.インストラクター資格を取得できます。

参加条件
・NAUIリーダーシップコース共通参加条件を満たしていること
・コアスペシャルティ(レスキュースペシャルティを除く)のうち最低3種類の資格を有していること
・NAUI L.S.F.A.の有効資格、NAUIレスキュースペシャルティダイバーの資格認定、もしくは他団体の同等資格
・環境、水深、活動内容などが多様な25回以上のスクーバ潜水経験があること(ログ記録が必要です)

※NAUIダイブマスターコースを修了して資格認定を受けるためには、ダイブマスターコース参加前提条件を満たしてからオープンウォーターにて30本以上のダイビングの経験を経ていることが必要となります。NAUIマスタースクーバダイバーの認定を受けている場合、この要件は免除され、NAUIダイブマスターコース修了とともに資格認定を受けることができます。
コース内容
水中セッション

水中セッションでは、ダイブマスターに必要なスキルを身につける、海洋実習の「オープンウォーターセッション」とNAUIリーダーシップスキルを練習するプールでの「コンファインドウォーターセッション」があります。

オープンウォーター(OW)セッション(最低10回のOWダイブ)
オープンウォーターセッションでは、5つのテーマにもとづいて、インストラクターのデモンストレーションを見ながら、それぞれのダイビング活動でのダイブマスターとしての役割を身につけていきます。

OWセッション5つのテーマ
ビーチダイビング
ビーチダイビングのブリーフィングや、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。
ナイトダイビング
ナイトダイビングのブリーフィングや、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。
ボートダイビング
ボートダイビングのブリーフィングや、エントリー/エキジットの際の監督方法、水中でのグループコントロールなどを身につけます。
アクシデントマネジメント
ダイビング活動中の事故の管理を適切に行うことができるように、レスキュー活動のグループコントロールなどを身につけます。
トライスクーバダイビング(体験ダイビング)のアシスト
トライスクーバダイビングにおいて(ダイブマスターコースに参加している参加者がトライスクーバダイビングの参加者役を演じる)、水面・水中での引率などのアシスト技術を身につけます。

コンファインドウォーター(CW)セッション
CWセッションでは、NAUIリーダーシップスキルを実施します。

NAUIリーダーシップスキルの主な内容
・400mの水泳・20分間の生存水泳・800mのスキンダイビング装備による水面移動・スキンディッチアンドリカバリー・スクーバリカバリー・スクーバダイバーレスキュー

・クラスルーム(CR)セッション
CRセッションでは、ダイビングの計画やその実施、ガイドの方法、レスキューについての確認など、NAUIダイブマスターに必要な知識を身につけます。NAUIダイブマスターDVDやNAUIダイブマスター用ワークブックで事前にCRセッションの内容を予習することで、時間を有効に活用できます。
※CRセッションの主な内容
NAUIオリエンテーション、NAUIダイブマスターの役割・義務・責任、NAUIダイブマスターの資格、ダイビング活動の計画/組織、ダイビング活動の実施、ダイブマスターログの使用、ガイドと引率、問題処理とカウンセリング、自然保護と環境の理解、ダイビング事故の防止、ダイビングリーダーのためのボートと操舵技術、緊急事態への準備、NAUIリーダーのための危機管理と保険など。

お問い合わせ先 info@expert-diving.co.jp

埼玉県坂戸市・ダイビングスクールエキスパート
Copyright(C)2005-2012 expert All rights reserved.